こんなサイトに注意!トラブルや危険の多いところ

セックスする前の女性

エッチなサイトを利用していて、いきなり高額な請求メールが届いた経験はありませんか。また、身に覚えのない警告文が画面に表示されるといったこともなかったでしょうか。

このような手口を行う業者は、法に則って運営しているのか定かではありません。ネット上には、怪しげなサイトが存在するのも事実。

エロチャットのサイトも、すべてが安全だとは言いきれないのです。安全にエロチャットを楽しむために、リスクヘッジを行っておきましょう!

▶後払いにして大丈夫?リスクについて
エロチャットの支払い方法には、前払と後払いがあります。ほとんど前払いで対応しているのですが、一部後払い可能なサイトも。

後払いを推奨しているサイトは、リスクが高まります。金銭の搾取を狙って、わざと後払いにしているという可能性も否定できません。実際に後払いによるトラブルの声も上がっているため、利用を避けるのが賢明です。

前払いの場合、ポイントを消費し終えた時点で通話が切れてしまいます。いきなり電話が切れると、「今話がはずんでいたのに!」「脱いでいるところだったのに…」と残念な気持ちになるかもしれません。

しかしポイント不足にもかかわらず通話が続いてしまうと、後から料金を請求される場合もあるのです。後払いだと、今何円分使っているという感覚が無くなり予算オーバーしても気付けないのではないでしょうか。

気が付いたら高額な利用料が発生し、泣きを見る羽目に。

エロチャットの使いすぎで、月々の支払いに追われるのは防ぎたいですよね。前払いを選択すれば、予算の範囲内で遊べるので安心できますよ。

▶18歳未満禁止の規定がないサイトは危険
エロチャットには、年齢制限なく使えるサイトがあります。年齢制限に関する規定がないと、18歳未満の未成年が利用するというリスクが。

そもそも、年齢制限を設定する理由として以下の3つが挙げられます。
・未成年が犯罪に巻き込まれないため
・出会い系の場に利用されないため
・アダルトな内容を含むコンテンツがあるため

ネット上には学生を狙った違法な業者や、10代の女の子と出会いたい男性がいます。そのような悪から未成年を保護するために、制限を設けているというわけ。

また規制の少ないサイトでは、ネット上で下半身を晒す輩も。公の場で性器を晒すのは、公然わいせつ罪にあたります。無法地帯と化したサイトを利用すると、トラブルや犯罪に関わってしまう危険性が考えられるのです。

そのため、18歳未満でも利用できるようなサイトは論外。また、無料で使えるサイトほど規制が少ないので注意してください。